MEMO以下のメモ

Profile
名前 r
ID reri
なんらかの検索などの方法で辿りついてしまった方への自己紹介。 
女性服溺愛(バカ)サイトを何年かやってた人の、成れの果てのブログです。今でも、服は嫌いじゃないですが、毎月何万円もつぎ込んだり、カードの限度額ギリギリで生活してたりは、面白かったし、楽しかったけれど、苦しかったので、もうしていません。(苦笑)

その時のサイトで使っていた写真やテキストを、きまぐれで時々まとめてみたりしています。(というか管理が悪くて、残ってないのです)まったりと、生きてます。
Login
ID:
PASS:
 
Latest Comment
Admin Login
PASS:
 
User
webfrog
WebFrog Blog 1.02

rss

2014/07/21(Mon)

[] HMJ 終了

イベント的には...

イベント名がオカシイから
客層と出展者が求める客のギャップが埋まらないんじゃないか
という結論に至りました。
確かに、土曜の客層は5年前のデザフェスに酷似していた。
私にも作れるわ。へえどうやって作ってるの?イアイディアだわねえ。と
よく言われて、懐かしかった。
今のデザフェスで、そんな事いう人いない。

日曜は、ツイッター拡散とリピーターあたり(?)で、
年齢層ぐんと下がってデザフェスの常連さんも来てくれた。
ありがたいことです。

売り上げは、クリマと同じ位かな。
土曜は、売り子さんお願いして、さらに売り上げ悪いのでバイト代値切った。
ごめーん。でもマジ今回ギリギリ。

帰りの宅配ケチる為に、カートに荷物を詰め込んだんだけど
2度程、カートと荷台の相性悪くて危なかった。
考えないとなあ。(半端ない重さなので、人身事故起きたらヤバイ)
怖くてエスカレーター諦めて、エレベーター使って時間かけてゆっくり帰宅した。

間口180のスペースに、180の机レンタルしてて、バカかと。
どこから出入りするんだろうと思ったら、案の定うちのスペースからだよ(笑)
両隣とも、女子複数で、でも右はコーナーだったので、出入りできるしーと
日曜は、机を右によせて、左を通路にしたら、
朝、右の人が机がくっつきすぎてて、スペースの区切りがわかりにくいです。と
言って来て、はあ?と。そんな事の為に開けてたわけじゃないんですが。
しかも、借りてるスペース内なら、めいっぱい使ってもいいんじゃ?と
イラッとするより前にあきれてしまった。
結局、スペースはみ出して(そりゃそうだ、机とスペース幅同じだし)
机の間開けてた。どうしてもうちと同じに見られたくないらしい。
デザイン系の服飾小物売ってたからね。アートらしい。
さらに、うちの机の前に立って、接客はじめるもんだから
机1/3は隣の売り子に占拠されてしまい、お客さんが机の前までいけず。という
なんとも効果的な嫌がらせが。
話もしたくなかったので、もうどうでもいいわって感じでした。
夕方には、ママ友?が幼児つれてきて、お前のうちかよって感じで前の
通路で遊ばせてて人も少なかったけど、意外と困った人達でした。
集団でブースとってる人達はかなり苦手だ。良かったと思ったためしがない。

左の人は土曜は1人だったんだけど、日曜は2人になってて
すいませーん(どいてくださーい)とウチのブース内を通路がわりにしてて
あー、まだ1年だからな。と寛大な気持ちで....こっちもレンタル机180だもん。
机の下、もぐって出入りしろや。おやつもらったから、言わないけど。(笑)

しかし今回の特筆すべきことは、この両隣はどうでもよくて
背後です。
背後のアクセサリー屋の兄さんが、テンションの低さといい、
腕と指のラインの美しさといい、キャラが好みすぎて、2日目の夕方には
結婚して!!!って言いそうでしたよ。言わないけど。

私、本当に惚れっぽいんだなー。
男でも女でも関係なくて、好きになっちゃうと時間とか関係なく
すごく好きになっちゃって、気持ちをうまく戻せなくなるんだよね。
これに行動が伴っちゃうと、色々とマズイんだろうけど。
あくまで、プラトニックな片思いなんで、大丈夫(なにが?)

今回は、朝10時〜夕方7時までずーっと
特に日曜はほぼ顔付き合わせて、ダラダラしゃべってて
日曜7時過ぎの、ブース撤収して、別れる時すげえ変な感じで
もう明日は会えないんだとか思ったら、あれ?なんで?みたいな。
寝ながらも、あんな兄弟いたらなあとかニヤニヤ普通に考えてた。

キャラが立ってるというか、話し方に特徴があって、
うまく表現できないんだけど口調と仕草が上品なんだよね。

こんな繊細な物をこのゴツイ手で作っているんだ。というギャップや、
シルバー磨いてるときの片方だけ白手袋とか、
汚いニッパー開閉させてる仕草とか萌えるやろ!!
腕の血管の浮き方とか、写真撮るべきだったなあ。キレイでしたよ。
指の関節も長くて良かったけど。手首から肘の間が絶品。
VIVA半袖!と思いましたもん。

ちょっと、先生っぽい仕草で、ふむふむ。みたいなところがありましたねえ。
話す事も長い間1人でイベント出てるという話が多くて、
同志、仲間、みたいなところが最初からあって、気安いの。
同じジャンルじゃないからライバルじゃなくてよけい良いし。

うちのお客さんが、うちの商品のベルの鈴を鳴らしたくないというので
ベル取りますか?と言うと、後ろからニュッと出て来て
そのベルかわいいから、中の音がでる板だけ取ればいいよ。取れるよ。と言われ
まさかのコレボレーション(笑)
今回だけのサービスです。とお客さんに言うと、お願いします。とお買い上げ。
さすがにコレは初めて。

館内放送があまりにグダグダで、迷子の放送が犯行声明みたいだねえ。とか
もしや、この放送はスタッフに向けた暗号では、とか
そんなコトばかり話してて、私はいつもと同じちょっと毒な内容なんだけど
帰ってくる内容が、ちょっと違うんだよね、会社の人とも友達とも。
だから、すごく新選で面白かったな。
嫌な感じじゃなくて、あーやさしくて、頭いいんだな。という感じ。

まあ、女の子向けの商品作ってるから、女性の扱いが上手なだけかもしれないけど。
同じようなアクセサリー売ってる隣のブースの男の人が
テンション高めでおしゃべりな接客に対して、口数少なくてツボをつく接客。

若い女子が、もうこれ以上お金使わないの。無理なの、もうダメなのと
仲間に訴えてると、「これからですよ〜」と言ってみたり。
あー、男性ならではだな。と勉強になりました。
新たな展開も考えているみたいなので、またどこかで会えるといいなあ。

日曜の夜別れる時、向こうもなんか変なテンションになってて
二人であわあわしながら、あ、またどこかで会えますよねーとか
サイトで探します、とか言ってて、名刺交換すりゃーいいのにと後で思った。
なんとも形容しがたい関係だったんだよね。
すぐに、忘れてしまうんだろうけど。
頑張って欲しいよ。


そして、SUMOUアクセサリーを作っていただきたい。(笑)



by r | 2014/07/21 22:09:20 | | comment(0) | trackback(0)
Comment
タイトル
名前
URL
添付ファイル
スパムチェック 4 + 12 =
内容