MEMO以下のメモ

Profile
名前 r
ID reri
なんらかの検索などの方法で辿りついてしまった方への自己紹介。 
女性服溺愛(バカ)サイトを何年かやってた人の、成れの果てのブログです。今でも、服は嫌いじゃないですが、毎月何万円もつぎ込んだり、カードの限度額ギリギリで生活してたりは、面白かったし、楽しかったけれど、苦しかったので、もうしていません。(苦笑)

その時のサイトで使っていた写真やテキストを、きまぐれで時々まとめてみたりしています。(というか管理が悪くて、残ってないのです)まったりと、生きてます。
Login
ID:
PASS:
 
Latest Comment
Admin Login
PASS:
 
User
webfrog
WebFrog Blog 1.02

rss

2014/05/24(Sat)

[] 眠い。バラお覚え書き

image_5a5ef074913dc

終日、眠くて、ショッピングセンターで歩きながらも寝そうな勢いです。
この季節が、本当に本当に好きで。
日本生まれて良かったなあと思うのです。
梅雨の前のこの季節。
田んぼに水が張って、新緑が美しくて、自然界に色がどんどん溢れてくる
なんか、新しい力がみなぎってて、わくわくする。

のに、眠い。
割と毎年のことなんですが、季節が変わるときって、眠い。
この、気持ちよさを存分に味わいたいと思うのに、眠くて。
寝たくないのに、寝ちゃってて、すごく葛藤して疲れる。(笑)

そんな昼寝を繰り返してました。

で、バラの覚え書き。

今年は、ピエールが1本駄目になったので、ワーテルローの天下。
白い房が一気に咲いて美しいのですが、香りがキツくて(とげも鋭い)
どうにもなんで、冬に移動させるつもり。もっとコンパクトに。

ブラザー・カドフェル

相変わらずの花の大きさに、雨が降れば咲き切らず、
レタス以下の花びらの薄さに、風が吹けば散り落ちる。
でも、枝は2mを優に越え、しなやかで誘引しやすく、シュートも出やすい。
香りも良くて、よいコです。

ピエールロンサーヌ

これで1房。ブーケのような大きさ。重さ。
今年は、地面スレスレに誘引してしまい、残念。
思い切って、頭上高く誘引しないと良さが見えないな。
一応、ピエールのちびを育てている。

ローズ・オプティミスト

今年は、虫にやられず、よく育って3輪も花がついた。
大輪!微妙なグリーンからキナリ キナリからピンクへ
しかも、ピーチジュースのような芳香。たまんないです。
(このコも大輪すぎて、咲き切る事が難しいんだけど。)
シュートが出て来ているので、大事にしなければ。
しかし、HTは難しい。

アクロ・ロマンチカ

大事にしすぎて、3年目。
やっとこマトモに育って来た。
とにかく虫にやられやすくて、春先は毎日虫との戦いだったので
この花は嬉しい。
微妙な色合い。見る度に変わる気がする。わりとしっかりとした花弁。
育て方によっては、つるバラになると知ったので、
今年は延ばしてみようと思う。


今年のウチの薔薇ハイシーズンも、もう終わり
約10日ほど。
とにかく、風景が作りたくて、花を育成したいんじゃないんだな。と
改めて思った。バラのコレクターになりたいわけじゃなくて
絵を描くように風景を作りたい。その為にこのバラが欲しいんだ。
特に、奥行きのあるのが好きで、今年は、白いワーテルローの小花を
円形に枝を垂らして、トンネルのような奥行きをつくった。
その先に、ピエールのピンクが見え隠れする。
スペースに限りがあるので、大規模にできないのが、また楽しい。
密度を濃く、複雑にすることで、面白い風景が生まれる。

去年からハマってる
庭園の歴史の本を読んで、さらに確信した。
花を育てる。より風景を作りたい。
特に、家のなかから、窓から見たときに、きれいだねえと心安らぐこと
これが一番大事。

じゃないと、手間がかかってやっとれんわ。(笑)
毎日、何匹もケムシと格闘してさー


by r | 2014/05/24 20:51:26 | | comment(0) | trackback(0)
Comment
タイトル
名前
URL
添付ファイル
スパムチェック 4 + 12 =
内容