MEMO以下のメモ

Profile
名前 r
ID reri
なんらかの検索などの方法で辿りついてしまった方への自己紹介。 
女性服溺愛(バカ)サイトを何年かやってた人の、成れの果てのブログです。今でも、服は嫌いじゃないですが、毎月何万円もつぎ込んだり、カードの限度額ギリギリで生活してたりは、面白かったし、楽しかったけれど、苦しかったので、もうしていません。(苦笑)

その時のサイトで使っていた写真やテキストを、きまぐれで時々まとめてみたりしています。(というか管理が悪くて、残ってないのです)まったりと、生きてます。
Login
ID:
PASS:
 
Latest Comment
Admin Login
PASS:
 
User
webfrog
WebFrog Blog 1.02

rss

2014/01/06(Mon)

[] 初出社

休みが長過ぎて、会社が新鮮だった。

今年の年賀状は、とうとう身内以外は1枚しかこなかった。
去年、喪中で喪中ハガキを出さなかったので、テキメン☆

と思っていたら、今日2通来てた。


今日のテレビでイイコト言ってたのでかいとく。
クローズアップ現代
シリーズ未来をひらく1 “二枚目の名刺”が革新を生む で
米倉 誠一郎 さん(一橋大学教授)というステキな紳士が
ラストに3つの事を言ってて、でも2つは忘れちゃって(ああ、惜しい)
最後の1つ。失敗しても笑わない社会。だけは、なんとか覚えてた。
そういう社会になれば、いいと思う。

なんで、忘れたかというと、
その後に見たNHK教育、ハートネットTVがめっちゃ面白かったから。
大友 良英さん(音楽家)が普通の発言を普通にしてて
福祉とかとは無縁な感じがしてでも、だからこそ、いたわりが迫って来て
なんとも面白かった。この人連続テレビ小説「あまちゃん」 音楽担当。なのねえ。
それを知っても、変なおっちゃんだわ。
障害者、その親、スタッフ、全員が対等に意見を言うというのが
割と衝撃だった。
その親ってトコに。自立を促すという概念があったからだと思う。
ステージで寝る男の子も、出演者で、パフォーマーで、
ちゃんと観客が、拍手して楽しんでいるのが、本当に面白かった。
裏番組で、氣志團やってて少し迷ったけど、こっちの番組見てよかった。

その後のテレビは、どこの番組も全然面白くなくて消したけど。

時々すごく面白い番組あるんだよなあ。

消す勇気があれば、持ってる価値はあるよな。


by r | 2014/01/06 22:56:04 | | comment(0) | trackback(0)
Comment
タイトル
名前
URL
添付ファイル
スパムチェック 0 + 7 =
内容