MEMO以下のメモ

Profile
名前 r
ID reri
なんらかの検索などの方法で辿りついてしまった方への自己紹介。 
女性服溺愛(バカ)サイトを何年かやってた人の、成れの果てのブログです。今でも、服は嫌いじゃないですが、毎月何万円もつぎ込んだり、カードの限度額ギリギリで生活してたりは、面白かったし、楽しかったけれど、苦しかったので、もうしていません。(苦笑)

その時のサイトで使っていた写真やテキストを、きまぐれで時々まとめてみたりしています。(というか管理が悪くて、残ってないのです)まったりと、生きてます。
Login
ID:
PASS:
 
Latest Comment
Admin Login
PASS:
 
User
webfrog
WebFrog Blog 1.02

rss

2013/06/14(Fri)

[] 服。

髪の毛の定点観測したら面白いんじゃないかと
急に思い立ち、カメラを構えたら、うさぎがやってきて
鏡をみたら、あまりの服装に驚いた。
いや、まあ、なんつーか。
着たい服も、欲しい服も、なくなった自分が辿り着いたのがココだったのかと。
ね。
三つ子の魂百までとは良く言ったもので、
小学生の頃、父親のワイシャツで登校していた私です。

ええ、
ボトム以外、ほぼメンズ。





足元の黒いのはうさぎですよ。




そういや、幼少の頃から、
女の子らしい服が似合わず、髪の毛も短くされていたなあ。
今あちこちでよその子供を見ると、メゾピアノの似合う日本人の幼児なんて
ほぼ皆無なんだな。と思うので、そうした親は正解だったのねえ。と思う。
当時は、フリフリピンクの似合う妹がねたましかった気もするけど。
似合わないものは仕方が無いと思うのよ。
努力もできないうちは。(笑)

そして第二次成長がほとんどなかったので、ずっとガリガリだったのよね。
かわいい服を着ていた時も、ぶっちゃけ頑張ってたつもりだけど似合ってるとは
思ってなかったなあ。コスプレみたいだなあと思っていたし。
着る事は好きだったけど、似合うってのは違うと思ってた。
もっと背があったら絶対、三つ揃いスーツ着てたと思うし。

なんだろうねえ。
ずいぶん身体がふっくらした今も、自分の事を女性に分類するのに違和感があるのよね。
タイトスカートとか、履けない。恥ずかしくて。
精神科で見てもらう程は困ってないんだけど、
男の子はかわいいと思うし、(特に年上の女の人もかわいいと思うけど)
なんとなーく
世間やテレビで言う所とは、ずーっと違和感がある。

本当のところなんてわかんないけどさ。
世間で言う所の幸せにも、違和感がある。そういうのにも似てるかも。

ただ、可愛い服が似合う華奢な人になりたかったよう!!よりも
周りの人を守れるように、もっと背が高く、強くなりなかったなあ!!と思う。

思うのよねえ。ずっと。

ということで、
特に休日はどんな服を着たらいいのか分からねえ!なのでした。


by r | 2013/06/14 21:12:46 | | comment(0) | trackback(0)
Comment
タイトル
名前
URL
添付ファイル
スパムチェック 0 + 7 =
内容