MEMO以下のメモ

Profile
名前 r
ID reri
なんらかの検索などの方法で辿りついてしまった方への自己紹介。 
女性服溺愛(バカ)サイトを何年かやってた人の、成れの果てのブログです。今でも、服は嫌いじゃないですが、毎月何万円もつぎ込んだり、カードの限度額ギリギリで生活してたりは、面白かったし、楽しかったけれど、苦しかったので、もうしていません。(苦笑)

その時のサイトで使っていた写真やテキストを、きまぐれで時々まとめてみたりしています。(というか管理が悪くて、残ってないのです)まったりと、生きてます。
Login
ID:
PASS:
 
Latest Comment
Admin Login
PASS:
 
User
webfrog
WebFrog Blog 1.02

rss

2012/10/14(Sun)

[] 秋は苦手だよ

急に寒くなってきたので、寂しくなってきました。
日照時間が減ると、鬱っぽくなるので
気をつけなくては、と思うのですが、上手に適応できなくて
なんか、無性に寂しいよう!!

とは、言ってみても仕方が無いだけども。

読んだ本。
すみれファンファーレ2巻
今、一番好きな作品。2巻も面白くてうっとり。

ユニクロ型デフレと国家破産。浜矩子
これは、読みやすくて面白い。
別にユニクロの悪口が書いてある訳じゃないです。
たぶん、ほとんど全ての製造業の血と涙の代表として名前があがっているだけ。
デフレは人の感性を鈍化させる。
地球は小さくなっているから、自分だけよければ。は通用しないぞ。とか
P177
国民国家崩壊時代は、ネットなどにより人々が繋がっているその単位は
国家ではなく、国民である。とか

最後の章は、思わず涙が出ました
世界はの未来にはまだ明るさがあるんだ。と思えた。

経済活動とは人間の営みに他ならない。
最終的には、人間の品性や心意気の問題に関わってこざる得ない。
自分のネット通販中毒が、知らぬ間にデフレを進行させる時代である。
21世紀とは、われわれに知的覚醒度の高さが強く要求される時代である。
知恵をもった賢い人間になることが求められているのだ。
しかし、本来人類が進化するというのは、本来そういうことなのではないだろうか。

中国経済のあやうい本質 浜矩子
難しいなあと思いながら読んだけど。先に、上記の本を読んでおけば分かりやすかった。


資料
2009年総務省 労働力調査
日本の雇用者総数 5102万人(役員を除く)
1/3にあたる1721万人...派遣社員/パートなど非正社員


木曜に、課長と世の中のプロダクトデザインは、ユニセックスに向かっている
いや、逆だと論争してて、帰り際に続きは、また来週な!と言われたので
ちょっと考えてた。
私は、ユニセックスに傾いていると思うんだけど(美容系は覗く)
それって、デザイン的にというより、なんでもいいわ安ければ。という人が
増えたからじゃないかと、考えが変化してきた。
ユニクロも、無印もその流れにのっているきがする。
浜さんの言う所の、デフレや貧困が感性を鈍化させているのではないか。
気に入る物が欲しいけど、それを探しに行く余裕がない。時間もお金も。
そういう人は昔は、一定の年齢以上だったのが、今は全体に広がっているんじゃないかな。
パナは、わざと性別でデザンや売り方変えて来てるけど、成功しているのか?
理美容は確かにそういうの必要かもしれない。
男女同じ鼻毛カッターサイズじゃ嫌だろうし。

うーん。
考えれば考える程、マーケティングの意味がうすっぺらくなっていく。
購入層を想定する事自体がバカバカしくなるなあ。





by r | 2012/10/14 20:22:33 | | comment(0) | trackback(0)
Comment
タイトル
名前
URL
添付ファイル
スパムチェック 2 + 9 =
内容