MEMO以下のメモ

Profile
名前 r
ID reri
なんらかの検索などの方法で辿りついてしまった方への自己紹介。 
女性服溺愛(バカ)サイトを何年かやってた人の、成れの果てのブログです。今でも、服は嫌いじゃないですが、毎月何万円もつぎ込んだり、カードの限度額ギリギリで生活してたりは、面白かったし、楽しかったけれど、苦しかったので、もうしていません。(苦笑)

その時のサイトで使っていた写真やテキストを、きまぐれで時々まとめてみたりしています。(というか管理が悪くて、残ってないのです)まったりと、生きてます。
Login
ID:
PASS:
 
Latest Comment
Admin Login
PASS:
 
User
webfrog
WebFrog Blog 1.02

rss

2012/01/18(Wed)

[] 面白すぎる

さようなら下流社会 松本哉+鈴木健介 ポプラ社

おーもーしろすぎて、通勤電車で泣き笑い。
なんと表現したらいいのかわからないんだけど、
あなたは、私か!という人がいっぱいいた。

今までずっと考えて来たことや、思ってきたことを
同じように考えている人がいた。そして、それをもっと進めて
行動している人もいた。すごく嬉しくて泣けた。

ここのサイトを立ち上げた頃、
別のHNで日記を公開していたんだけど、そこで書いてたことが
色んな人の言葉でたくさん書いてあった。すごく驚いた。
今でも、自分が思っていることを言葉にする。という基礎を作ったのは、
そこで書いていた日記だと思ってて、自分でも大事にしているテキストで
最後の日記にもらった感想は、今も忘れられない。
「さくらさん(HN)のような人が世界中にたくさんいたら、きっと世界はもっとやさしくなるんでしょうね」そんな感じのこと。

何かがおかしくて、息苦しくて、でも何かがわからなくて
自分が思う理想や、考えを見ず知らずの人に向けて書いてた。
そういうことが簡単にできて、ネットっていいな。と思ってた。
稚拙な表現ばかりだったけど、一生懸命どうしたら世界が良くなるのか考えてた。
そんな10年以上前。

でも、そのことをずっと考えてた人がいた。
私はすっかり、諦めて、世間様に頭足れて愚痴愚痴いていたのに。
すげい。

最近思っていた、金より、アイディアだろ。知恵を出せばそんなに
お金は必要なじゃないの?とテレビの政治ニュースに向かってブツブツ言ってたことがいきなり冒頭に書いてあって心わしづかみ。
P16
概念的な言い方をすれば、そこでは「強く生きること」ではなく「クリエイティブであること」が大事になっているのだ。
クリエイティブというのは、何も音楽をつくれとか絵を描けということではない。文字どおり「ない」場所を「ある」場所にしていくこと。何もないところに何かを生みだしていく能力こそが「クリエイティブ」であるということだ。


タイトルは硬いけど、めちゃくちゃ面白い人がいっぱいの読みやすい対談集です。
たぶんね、若者に分類される人たちばかりなんだけど、あまりに言ってることがポジティブで、まともで、やさしくて(ラッパーや、茶髪なのに!)この世は全然まだ捨てたもんじゃないかもしれないって、嬉しかった。少し未来が面白く思えた。
今!読んだ方が良い本。

図書館で借りて読了したけど、あまりにおもしろかったので
会社帰りに本屋で取り寄せしてきたさ。


by r | 2012/01/18 20:45:40 | | comment(0) | trackback(0)
Comment
タイトル
名前
URL
添付ファイル
スパムチェック 5 + 5 =
内容