MEMO以下のメモ

Login
ID:
PASS:
 
Latest Comment
Admin Login
PASS:
 
User
webfrog
WebFrog Blog 1.02

rss

640 件中 81 - 90 件目 << 最初 < 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ... 次 > 最後 >>
2014/05/25(Sun)

いい加減図書館に返却しないといけないので引用メモ

イギリスにおける労働者階級の状態(上)
エンゲルス 岩波文庫
P240
富者が貧民にあたえるよりも多くのものを、貧民はたがいにあたえあっている。
(中略)
貧民が毎年たがいにあたえあっている総額は富者が同期間に寄付する総額を超えている、としばしば公言している。
マンチェスターにおける労働貧民の現状について等 第三版、ロンドンおよびマンチェスター 1841年パンフレット
その他の点でも、労働者の人間性はいたるところで好ましくあらわれている。彼らは、みずから過酷な運命を経験しており、だからこそ、不遇な人にたいして同情する事ができる。
ブルジョアにとっては労働者は人間以下であるが、労働者にとってはどのような人間でも人間である。だから労働者は有産者よりもつきあいやすく、愛想がよい。また彼らは、有産者よりもかねが必要であるにもかかわらず、有産者ほどかねに執着しない。なぜならば、ブルジュアにとってかねは特別の内在的な価値、神的な価値をもっており、こうしてブルジョアをいやしくて、きたない「守銭奴」とするのにたいして、労働者にとってかねは、ただそれを払って買う物のための価値しかないからである。

いい加減図書館に返却しないといけないので引用メモ

イギリスにおける労働者階級の状態(下)
エンゲルス 岩波文庫
P46
だが、あのような恥ずべき圧政がなければ成立しない社会秩序とは、いったいなんなのか?目的が手段を神聖化するか、あるいは、手段が悪ければ目的も悪いという結論が完全に正当化されるか、このどちらかである。兵隊であった者は、ごく短期間でも軍隊的規律に服する事がなにを意味しているのかを知っている。だがこうした労働者は、9歳のときから死ぬまで、心身ともにきびしく監督されて生きる運命にある。彼らはアメリカの黒人よりもひどい奴隷である。なぜなら、彼らにたいする監督のほうがきびいしいからである。それでいてなお、人間らしく生き、人間らしく考え、感じるように求められている!


P53
工場主が解雇という処罰ゆえに彼の所有する家に住まなければならない労働者に、通常より高い料金を支払わせたり、まったく住んでいない家の家賃を払わせたりするなら、不正は破廉恥となる。


読み始めると、止まらないんですが、あまりの悲惨な光景が続くので
ぐったりします。下巻半分未読。これ買わないとかな。
人間つか社会っつか、何百年たっても変わらないんだなと改めて思った。
今まで、変わらない良さを、集めてたけど、買われない悪さに最近目がいく。
いい加減、変れよって自分も含めて思う。


image_599462c18352b

名前がわからない。
どうも思っていたピンクサクリーナじゃない模様。

コンパクトの電源が切れたので、一眼だしてきたんですが、
やっぱ腐っても一眼ですね。
きれいだ。





これ、花だけでつくる手前から奥までの遠近感。
こういうのが好き。



ピエール一房。


ローズオプティミスト
メイアンかと思ったらゴジャール家だった。
バラはフランスモノが好きなものが多いのかな。


アクロポリス・ロマンチカ
こっちはメイアン社。ロマンチカシリーズ好きなんだよ。
この色は一眼じゃないと出せないらしい。




2014/05/24(Sat)
image_599462c1850ab

終日、眠くて、ショッピングセンターで歩きながらも寝そうな勢いです。
この季節が、本当に本当に好きで。
日本生まれて良かったなあと思うのです。
梅雨の前のこの季節。
田んぼに水が張って、新緑が美しくて、自然界に色がどんどん溢れてくる
なんか、新しい力がみなぎってて、わくわくする。

のに、眠い。
割と毎年のことなんですが、季節が変わるときって、眠い。
この、気持ちよさを存分に味わいたいと思うのに、眠くて。
寝たくないのに、寝ちゃってて、すごく葛藤して疲れる。(笑)

そんな昼寝を繰り返してました。

で、バラの覚え書き。

今年は、ピエールが1本駄目になったので、ワーテルローの天下。
白い房が一気に咲いて美しいのですが、香りがキツくて(とげも鋭い)
どうにもなんで、冬に移動させるつもり。もっとコンパクトに。

ブラザー・カドフェル

相変わらずの花の大きさに、雨が降れば咲き切らず、
レタス以下の花びらの薄さに、風が吹けば散り落ちる。
でも、枝は2mを優に越え、しなやかで誘引しやすく、シュートも出やすい。
香りも良くて、よいコです。

ピエールロンサーヌ

これで1房。ブーケのような大きさ。重さ。
今年は、地面スレスレに誘引してしまい、残念。
思い切って、頭上高く誘引しないと良さが見えないな。
一応、ピエールのちびを育てている。

ローズ・オプティミスト

今年は、虫にやられず、よく育って3輪も花がついた。
大輪!微妙なグリーンからキナリ キナリからピンクへ
しかも、ピーチジュースのような芳香。たまんないです。
(このコも大輪すぎて、咲き切る事が難しいんだけど。)
シュートが出て来ているので、大事にしなければ。
しかし、HTは難しい。

アクロ・ロマンチカ

大事にしすぎて、3年目。
やっとこマトモに育って来た。
とにかく虫にやられやすくて、春先は毎日虫との戦いだったので
この花は嬉しい。
微妙な色合い。見る度に変わる気がする。わりとしっかりとした花弁。
育て方によっては、つるバラになると知ったので、
今年は延ばしてみようと思う。


今年のウチの薔薇ハイシーズンも、もう終わり
約10日ほど。
とにかく、風景が作りたくて、花を育成したいんじゃないんだな。と
改めて思った。バラのコレクターになりたいわけじゃなくて
絵を描くように風景を作りたい。その為にこのバラが欲しいんだ。
特に、奥行きのあるのが好きで、今年は、白いワーテルローの小花を
円形に枝を垂らして、トンネルのような奥行きをつくった。
その先に、ピエールのピンクが見え隠れする。
スペースに限りがあるので、大規模にできないのが、また楽しい。
密度を濃く、複雑にすることで、面白い風景が生まれる。

去年からハマってる
庭園の歴史の本を読んで、さらに確信した。
花を育てる。より風景を作りたい。
特に、家のなかから、窓から見たときに、きれいだねえと心安らぐこと
これが一番大事。

じゃないと、手間がかかってやっとれんわ。(笑)
毎日、何匹もケムシと格闘してさー


2014/05/23(Fri)

昔、ゆるく出ていたときは、
1日を通してレイアウトを変え続けてたんですが
最近は、テーブルが大きくなったのと、売り子さんの頑張りで
客が途絶える事が少なくて、レイアウトを変更する時間がなくて
不満だったので、今回はわりと変更してた

一応、前日までにシュミレーションはするんだけど
当日じゃないと、人がどこから流れてくるのかは、わからないんだよね。
歩きながら見ると、どうしても左に顔を振る事が多いし
周囲の店の状況によっても(特に、自分の列の角地が魅力的だと
人が通路に流れるので頑張って欲しい)変わるからねえ。

土曜は左に通路を造ったパターンで、一番高いキャッチも左に作ってみた。
左手から人が流れるからと思ったけど、微妙。
日曜は、思い切ってテーブルもセンターにして、両サイドあけて
キャッチのマネキンも正面に。商品は、左右に振ってみた。
売り上げ的には、差はなかったんだけど、最近日曜は苦戦してたのと
自分の気力も落ちて来てたので、日曜の方が良かった気がする。
うちは、色的にフォーカルポイントが作りにくい。
同じような色がどうしても多いし。
せめて、プライスカードで色を入れるんだけど、入れすぎると安っぽい
それもあって、今回は、渋くレトロ調のプライスカードで、
フォントも小さめにしてみた。
価格も、ぐっと小さくした。
これによって、お客さんも一歩テーブルに近づいてくれて、良かったんだけど
逆に、人が固まりすぎて、見られない人も出てた。仕方が無いけど。

前回は、メッシュ什器いれたんだけど、
うちは壁面につるせる商品があまりなかったので、微妙だったので
今回カゴを持ち込んだ。これは前から、もっとレイアウトを立体的にしたいのと、
目線をあげたかったので、前回に続き実験的に。
レンタル備品借り忘れたので、ってのもあって、
荷物になるけど、がんばって持ち込んだ。
ぐっと机の高さが上がって、よかったな、手に取りやすくなった。
次回もこれで試してみようかな。
あと、何か面白いものありそう。と見せたくて、あえてごちゃごちゃ置いたので
客の滞在時間も伸びた。私的には、良かったけど、接客の仕方によっては
お客さんに声かけにくいかもしれないなあ。

最近、世界観をちゃんと出した方がいいんだろうなあ。と
思っていたので、本当に、今回頑張って資材持ち込んだ。
宅配便2600円も使ったよ。手持ちじゃもう無理。
でも、おかげで今まで来てなかった人がいっぱい来てくれた。
9割新規だった。今までは8割新規って感じだった。
早めに商品作るの終えたから余裕もってできたのと、
割と躊躇しないで、資材を買った!
今までは、割とケチケチしてたんだけど、これじゃあ!!!って
思ったら、とりあえず買った。
使わなかったものはさすがになかったけど。ちぐはぐ感は否めない(笑)
おいおい揃えていけばいいや。

新しい商品もチラホラ作った。売れたのも、売れなかったのも。
でも、全く見向きもされなかったものは、無かった。
話のネタになるものも、すぐに売れた物も、みんなちゃんと見てもらえた。
上手に販促できなかったなってのは、やっぱ残る。
こう言えば、より伝わって面白かったんだろうなってのも。
ただ、買ってもらう事じゃなくて、笑ってもらえれば最高だと思った。
だから、上手に伝えられたらなあ。

会社でも、コミュニケーション能力、会話力落ちてるなあと感じてて
今回イベントの接客、すごく心配で、不安だったけど。
お客さんがやさしくて、隣の人もやさしくて
逆に、癒されてしまった感じ。
2人で参加すると、あんまり周囲と話さないでしょう?と言われて
そうですよね。と返事したけど。
実は、話したい人がお隣になることが少なかったんだよなーと。
今回、そういう意味では、両隣アタリだった。
ありがたかった。
トイレいってたり近くフラついてると、客きてるよーと呼ばれたり
お金もらっといた。と言われたり。
本当。すいませんって感じ。

未だ、右肩あがらないんですが。
楽しかったなあ。

今日、抽選申し込んだけど、当たるといいなあ。
冬も出たいなあ。
縫い物のしすぎで、手首が数ヶ月痛くても、当日になると忘れるわー。

と、通販再開せねば、
あと7月のイベントも考えないとなあ〜
でも、今月は怠ける月。
カラオケとまんが〜


2014/05/19(Mon)

デザフェスさすがに2日間1人参加で、今日は有給で休みました。
(年間有給消化、6日なんだよね。私。クリマ+デザフェスのみ...)

眠いです。
朝は普通の時間に起きて、掃除しまくりました。
布を片してすっきりー!
で、貯まってたDVDを見ました。
英国ドラマのシャーロックホームズパート2一気にみた。
パート1見ていて
日本語訳が変なのと、声のキャストが好みじゃなくてうーんだったのですが
パート2の脚本はすごい。
アメリカのエレメンタリーも面白かったけど。
このモリアティはびっくりした。予想しなかった。

でも、声がねえ、ハドソンさ意外が微妙。別の人で見てみたい。
エレメンタリーもワトソンがねえ、別の人で見てみたいんだよね。
時々ん?って思う演技があって、見ていて戸惑う。

冷静になると、
モリアティは聖典のホームズ妄想説をマジで映像化して欲しい
一番びっくりかも。

デザフェスは、土曜の方が人が多くて、疲れました。
しかもイケメンが多くて免疫ないからビビリまくりだよ。
いつもは、美少女9割な気がしてたんだけど...。
シミひとつないでも、割と天然系な男の人に、バックを買われたり
(いいんだけど、自分で使っちゃうのかなあ。)
商品を背の高いイケメン同士で、試着し合ってたり
なんか、そんなんばっかしか、覚えてない!!!!
いえ美少女もいましたよ。いっぱい。

一つ困ったのが、後ろのブースが大所帯で
うちの通路を、裏玄関代わりにしてて、不愉快だった。
10cmくらいウチとの境を開けてるんだけど。10cmじゃ、人通れませんから!
しかも、裏玄関はヒドイ。
隣の人も、朝行ったら、ブース番号間違えてウチに設営しちゃってて、
もういいわよねえって....。60代位の人達だったんで、もう何も言えず
お客さん何人か地図片手に「?」ってなってて、可哀想だったかも。
通路もウチの使ってるし。
今回1人で良かったのかも。今までで一番越境が酷かったなあ。
後ろのせいでたぶん2人だと、バックヤードから出れない、入れないだった。
イスも越境して座ったり、荷物もウチのバックヤードから出し入れすんの。
どんな構造なんだ。ウチが背板入れてたらどうなってたんだろ。

でも不愉快を愉快にしてくれた、60代の天然なおばさまたちと
もう片方のドリカムポジティブチームがいてくれてありがたかった。
あと、大物が意外となくなってくれて、現金にも元気になりました。
帰りは宅配無しで帰れたし!
はーでも疲れた。

今日は近くのカフェで、ブランチしてながら、昨日のレポート書いたから
後はブースの写真貼って銀行に入金したら、終了!
また当たるといいなあ。
なかよしの出店仲間さんが遊びに来てくれたけど、今回外れちゃったって言ってて
ゾッとした。ひー、こええ。


読んだもん
イギリスにおける労働者改宗の状態(下)
上も読んだ。100年も200年たっても人間は同じ事をしているんだなあと思った。
引用したいけど、眠いのでまた今度。

医療探偵
ジョン・スノウ
探偵物じゃありません。コレラがどうして広まるのかを突き止めた苦難の話
結構医学用語多くて、難しいけど、頑張るとスノウの魅力に、泣けます。
すげえこんな天使みたいな人がいるんだ!
19世紀の英国の医療事情もよくわかる。ナイチンゲールも出てくる。
クロロホルムの発見もこの時期。

上記の本を読んでから読んだのでよりわかりやすかったかも。


2014/05/11(Sun)

すっかり初夏ですが、未だにセーター着ています。
先週というか、ゴールデンウイーク最終日に髪の毛を切りました。
年に2回しか、美容院に行かない怠け者です。
写真を貼っておこうと思ったけど、あまりの妖怪っぷりに断念しました。
美容師さんに驚かれる程に、短くしました。
(過去のカルテがあるらしい)
しかし、洗髪したらしっかりパーマが残ってて、
パーマが落ちる前に、髪の毛が伸びるなんて...。と
2度程言われましたが、どういう意味なんだろう。
かかりやすいのかな。パーマ。
髪の毛のびるのが早いのかな?

金曜は、2年以上一緒にお昼を一緒にしていた女子が退社しました。
5年以上いましたよ。
同じ部署じゃないだけに、大規模にお別れ会もできず
彼女の上司は気が利かないのはわかっていたので
色紙の変わりに、彼女の好きそうな本を回してお別れの言葉をかいてもらいました。
デザイナーのコが別部署の人にもまわしてくれたので、
最終的にざっとみたら50人近くも書いてくれてました。
これなら、私も欲しいわ、と思う本になってました。

高価なプレゼントや花もいいと思うんだけど。
私ならやっぱり、イマソコでしかできないものが欲しいんだよね。
あと、女の子なら、あの時、こんなに頼りにされてた。
こんなに愛されてた。っていう
記録は、後々力になると思うんだよね。記憶や思い出もそうだけど
記録。これは作れる物なら作っておきたい。
壁にぶつかった時、すごく力になると思う。
という私の気持ちが、伝わったのかはどうかわからないが、50人!
フロアの半数以上の人が書込んでくれて、彼女の人徳を思い知らされました。
絶対に、断らない、嫌な顔をしない。社会人スキルの高い人だったもんね。
こんな会社じゃホント勿体ない。

来週から、脱力、虚無感なんだろうな。人事異動もあって大混乱だし。
でも、デザフェスがとうとう週末にあるからビシッとしないとね。
一応、荷造りもできているので、
あとは、宅配出して手荷物はどうやって持つか考えるだけ。と、
ちょこちょこ縫い物もまだある。
新作が多いかな。売り子さんいないし、どうなることやら。


ヨーロッパの庭園 岩切正介
すごく読みやすく書いてあって、入門編としてはいいかも。
私がある程度の知識をもってしまったからそう思うのかもしれないけど。
自分で、今までの本をまとめたら、こうなるんだろうなってカンジ。
歴史のあらすじみたいな。
多少、独断?ってのもなくもないけど。

しかし、このとっても分かりやすい本によって、私は今困っている。
うすうすもしやとは思ったんだけど。
私が、書きたかった職業は19世紀ではなく18世紀なんだな。
もう19世紀になると、波は去ってしまうんだなー。
うぐぐぐ。
フィクションだから、その辺はいいじゃないか。と思うけど
悲しいかな時代マンガスキとしては、
そこまでねじまげちゃうのはダメでしょうって思う。
もう、時代マンガじゃなくて、ファンタジーになっちゃう。

つくづく思うのは、その時代の空気感を書きたいのだな。
空気感を視覚化できるエピソードを探していく作業が好きで
エピソード内の台詞とかキャラや行動なんかで、今と違うその時代の価値観が
ビシッと伝わると、自分で描いててもシビレる。(笑)
伝わってんのは、自分にだけかもしれないけど。

今回、キャラと職業が先に出来ちゃって、あんまよく調べないうちに
どんどんエピソード出してっちゃって、気がついたらあれ?みたいな。
時代と、職業あってねえ。
いや、絶対いなかったわけじゃないんだろうけど...。

この感覚は、仕事でデザイン9割できてんのに
商品の仕様が変更になった。そんな感覚に似ている...。マジで。
どこを直していくか、最小限でどこまでつじつまあわせるのか
いや、もういっそ作り直すか、どうしようかなーって感じ。(笑)
なんだよ、結局オンもオフも脳の同じ場所しか使ってないのか私。

仕事といえば、わたくしのやらせていただいた某商品がツイッター上で
拡散されていて、先週も第2波がきててパッケージ写真なんかもあがってるのをみると
かつて、こんなに人様の目に触れる仕事をしたことがあっただろうか。と
感慨深いです。(でも全国展開の折り込みチラシの枚数の方がパネェかもしれん)

私がパッケージに仕掛けた、愛の言葉を読み解くがいいさ。


今日は、和綿の種をまきました。
あと薔薇咲いて来てるので、毛虫を捕獲してた。



あまりの小さい花に感動したり。

ということで、元気です。



2014/05/03(Sat)

英国の庭園 岩切正介 
アマゾンで割と評価が低かったけど、書いてるの1人だし
定価5200円が600円位で中古が出てたのでポチッと
まだ読んでない。デザフェス終わってからのお楽しみ。

ヨーロッパの庭園 岩切正介
こちらは図書館にあったので借りた。
なんで、今まで見つけられなかったんだろ。
もくじが、すごく魅力的。そして新品同様だわ....。
これは、通勤の時に読むつもり。楽しみ。

今日は暑かった。
デザフェスの最後の買い出し。
設営部材やら、手提げやら。
来週には、宅配便送るしね。
今回は、うっかりしてて、設備レンタル忘れてた。っていうか
ここ数ヶ月何してたんだろってカンジ。



会社のデザイナーのコから
来月末で辞めるつもりとボソッと言われて、ああ、そうなの。と
サラリと切り返した。が当日それどころじゃない、トップダウンの人事異動発布に
部長が動揺しすぎてて、待った!をかけられているらしい。
いやー、今回の人事異動パネエす。
朝の5分の立ち話で、子ども生まれて半年の男性の人生が狂いましたよ。
専門職しかやったことない30男に、いきなり営業ってムリやろ。
別に役職もないのに!
辞めるんだろうなあ。
私も、前回の契約更新で、事務職からデザイン職に変えてもらったの
あぶなかった。マジこええ。変更に2年かかったけど

うちの部から2人、営業に変更になって
部長が1人とばされて、とばされた部門をウチの部に統合するから
仕事が増えて、人は減って、部長は頭をかかえるという。

そういや、この間結婚した営業の人も、
左遷と噂のマネーロンダリング会社へ出向になってたな。辞めるのかしら。
上司がねー。酷いから、みんなやめちゃうの、わかってるのに、配置するんだから
イケズなトップだよ。ホント。

でも、私は、そんな事より
来週末で5年もいてくれた仲良しの同僚が退社なので
割と落ちてますよ。彼女の為には、こんな会社辞めるべきなのはわかってるけど
寂しいなあ。1年以上毎日一緒にお昼とか食べてたもんなー。
会社帰りに飲みとかもいってたし。
なんといっても、ピンヒールにスリムなパンツが似合う
自分に厳しく他人にやさしい社会人的スキルが高い、素敵な人なので
こんな人と知り合う機会はもうないんだろうなあ。と

今は、直属の上司にネチネチ嫌みを言われながらなので、早くやめさせてあげたいです。

はー、いい人は辞めるんだよね。
ホント。ダメ会社。

創業者家族にとってのいい人じゃないからなんだろうけど。
見る目なさすぎるわ。

会社って、組織って、やっぱり人だと思う。
4年かかってやっぱり確信した。
その次が人の配置する人事。ココがダメだと組織として機能しない。

商品力も、営業力も、みんな結局はヒト。
カメでもモノでもないヒトです。


2014/04/26(Sat)

イギリスにおける労働者階級の状態 19世紀のロンドンとマンチェスター 上下
イギリス憲政論  (中公クラシックス) バジョット
医学探偵ジョン・スノウ コレラとブロード・ストリートの井戸の謎  サンドラ・ヘンペル
湖水地方案内  (叢書・ウニベルシタス) ウィリアム・ワーズワス
ダンディズムの系譜 男が憧れた男たち  (新潮選書) 中野 香織
危ない食卓 十九世紀イギリス文学にみる食と毒  横山 茂雄
貧乏貴族と金持貴族  (人間科学叢書)
男たちの帝国 ヴィルヘルム2世からナチスへ  星乃 治彦

思わず、借りてしまった。
で、とりあえず読んだ物。

■男たちの帝国
軽い読み物的な感じで読んだら、意外と重かった。
ドイツ国内におけるマイノリティについての本...。
まあ、なんのマイノリティかは、タイトルで知って下さい。
ドイツでこういう研究本があるとは知らなかった。
2006年発行なんだけど、意外と最近と感覚が違ってる気がする。
もちょっと開かれたというか、オネェタレントのせいで、理解が進んだような。
いや、私だけか?私の周囲だけなのか?
作者の人のカミングアウトから始まるので、受け止めながらなので
やや重いのですが、所々興味深い話もあって、そのうち掘り下げてみたいかなーと。

内容と関係ないけど面白かった文章をメモ。

三人称の語りの利点は、純粋な言及という幻想を最もうまく生み出す様式だということである。しかし、それは幻想であり、修辞的な工夫の効果なのだ フランク・カーモード

P135
スキャンダルは、衆目を引き付け、暴き立てる快感を提供するが、その一方で問題の本質から眼をそらせるという機能をもっている。

■貧乏貴族と金持貴族  (人間科学叢書)
途中まで読んだけど、広い広すぎて全然知識追いついていかない。
ヨーロッパ全域を網羅しているので
ベネチアの貴族とか、ハプスブルグ帝国下のとか、無理だ。
しかも3部作の2作目らしい。
ナナメ読みして、欲しい所だけじっくり読むかなあ。


大分、花粉症も落ち着いて来たかなあ。
今は、アサガオと夕顔の種をまいてます。
ウォードの箱(笑)に入れてポットで、育ててます。
祖母に送る約束したのです。

なんか、今日はダラっと本読んで終わってしまった。


2014/04/21(Mon)

書いておきたいんだけど、うまく文章にできなくて
もやもやミスト空間です。

でもってキーボードの前が、物で溢れていたので
やっとこさ片付けました。
ちょっとガタガタするけど、とりあえず、キーボードが打てるようになりました。
なんか。今気がついたけど。
会社のデスクって、高いんだ。
家のキーボードが打ちやすくて驚いた。
前は、物書き机にパソコン置いていたけど、
打ちにくくて、わざわざ低いテーブル買ったんでした。

MACのモニターって、調整ができないので
人間が合わせるしかないのよね。

私、ソニーもアップルも、そういうところが好きじゃない。
なんか傲慢さがね。見え隠れしている気がする。
ウィルコムの、先取りし過ぎてて誰もついてこれず、使いにくさ爆発のとは、
全然違う気がする。そこまでいっちゃえば、もう振り切られたって笑えるのになあ。

会社がつまんない。
つまんないって思っているから余計なんだけど。
なんか、自閉気味かも。
一人でいるのが、苦にならない。
つーかむしろ、一人でいたい。
ヒトカラとかいっちゃう。
でも、なんか寂しくなってる自分もいる。
寒いからかな。
仲良しのコが会社辞めるからかな。

花粉症、収まり気味。やっとだよ。
早く暖かくなーれ、6月が一番すきなのです。

うむ。
結局、まとまらないのだった。
リハビリってことで。


2014/04/18(Fri)

もう、どこから何を書けば良いのかわからないから。
まあ、いいか。

会社が残業禁止だ、ISO取得だ。とウルサくて。
あんまり、仕事の事を考えないようにしてます。
仕事、好きだから呑めりこむと、パネェぜって感じなんですがねー

で、早く帰ってもヒマなんで
3食全部外食で、夜は食事しながらメモってます。
まあ、朝もなんだけど。



左の紙が、書き出したエピソードを時系列に並べたもので
右が左を更にブラッシュアップしたもの。
こんな事が楽しいのかと聞かれても、楽しいんだから仕方ない。(笑)

で、最近気がついたのがネームを読んでいると、
マンガかドラマを読む(見る)ように頭の中で浮かんでるんだよね。
だから、気がつくと、前に戻ろうとしたり、ページめくろうとしたりしようとして
ああ、ネームしかないんだった。と気がついて愕然とする。(苦笑)
その時に、脳の右と左がリンクしてるのがなんかわかる。
字を目で追う部分とそれを映像化する部分、さらに言うとそれを見て楽しむ部分。が
うまく働くようになってきてて、おお!こんな事ができるようになったのか。と
だから、それが何の役に立つのかと言われても、なんだけど。

そうねえ、こんな事ができるようになるよりも
電車が緊急停止した時に、震えないようになりたい。
昔は、東西線で駅間で停まってても、割と平気だったのになあ。
動き出しても、足だけが、震えが止らなくて
夕方には、ふくらはぎが筋肉痛になってた....。おう。
どうしたら、治るんだろ。

まあ、でも元気です。
そうだ、今日もし、新しくサークルかサイト作るなら
つけたい名前を考えたんだ、
絶命スイッチ。
うさぎは、あるんだよね。
絶命スイッチ。いいなあ。と思ってさ。自死じゃなくてね。
もう、駄目だと思ったら、切れるらしいよ。


640 件中 81 - 90 件目 << 最初 < 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ... 次 > 最後 >>