MEMO以下のメモ

Login
ID:
PASS:
 
Latest Comment
Admin Login
PASS:
 
User
webfrog
WebFrog Blog 1.02

rss

655 件中 1 - 10 件目 << 最初 < 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 次 > 最後 >>
2020/10/20(Tue)

[] 焦る

image_5f9d971797593

久しぶりの顔面神経痛で、左目が開かないしひっきりなしに涙が出る。
こう言う時は、在宅ワークのありがたさを知る。
とにかく温めて、午前中をやりすごす。
今月は吐くほど頭痛が酷くて、気温差と腱鞘炎からなんだろうけど
そうはいっても、仕掛かり品をそのままにしておく余裕がないので
だましだまし、発狂しながら手縫いを進めて仕上げていく。
ミシンも左手首に来るので、翌日の頭痛が酷くなる。

遅れまくってた通販を1回なんとか行えたので
イベントの準備に集中したい。

通販の発送、ヨコハマの宅配便を出したら少し楽になってきた。

やらないといけないことが山のようにあるのだけど
うまく計画が立てられない焦りばかりでストレスがたまる。
けど、今無理をしすぎるとパートの仕事に差し障りが出てしまうので
じりじり。
12月のイベントの新作をみんながインスタに上げ出したので本当に焦る。
おくものなかったらどうしよう。悪夢だ。

なんとかストレスを発散しないとと本を読みまくる。

●ヤマザキマリ
たちどまって考える。

朝のテレビに出てたからか、エッセイ本が軒並み売り切れ。
マシンガントークをそのまま本にしたようで、どこで読むのをやめたらいいのかわからなくなる。言語化する表現する大切さを重視している人なので、似ているなと思うのだけど、周囲の人は疲れそうだ。
外国に行くのはなぜか。というあたりが私がイベントに出るのはなぜかにクロスしている気がする。

●いまだおしまいの地
こだま

TLに流れてきて読んだ本。先にこちらを読んだらヤマザキマリさんの本はキツかっただろうな。こんな風に文章を書くことができるのかとびっくりした。
人間に対する見方がここまで静謐になれるのか。とびっくりしつつも笑えて泣ける。ちょっと衝撃。これは文学フリマで人気が出るわけだ。
こんな風に家族を見ることができたら、また違う考え方ができそう。

●夫のちんぽが入らない
こだま

実はこれ、すごい本なんじゃないのか?と
読後頭痛と戦いながら考えないのに考えられなくて、保留。

●おしまいの地
こだま
メルカリで売れたポイントを本に変えているので、どんどん増えてしまう。


新しいものを入れたいので、荷物を減らしたい。
次の十年の為の準備が遅れているんじゃないかと焦る。
後悔はしていないけど、あっという間に今の年齢。
たぶん、きがついたらあっと言うまに十年後の年齢だ。
その時、私は何をしていたいんだろう。


2020/10/09(Fri)
image_5f9d9717990e4

●13歳からのアート思考 末永幸歩
●ハウ・トゥ・アートシンキング
●世界は贈与でできている
●未来をつくる言葉わかりあえなさをつなぐために ドミニクチェン

上から順番に読んで行きました。
肌寒くなってきたけど、寝る前はまだそこまで寒くもないので読書がはかどる季節です。いつから、毎晩本を読むようになったんだろうなあ。

キャリアについてのブログは、はてなに書いているので、
自分では何度も書いてる事なんだけど…
初めての転職した時、自分のキャリアの無さに愕然として勉強しないと!と思った25歳は給料の20パーセントは未来のことに使おうと思ったのでした。
で、本を読む、美術館に行く、機材やソフトを購入する。
今すぐ必要じゃなくても、いつかの未来に使えそうなものに投資していったのと
本を読む癖をつけていけたのは、今思ってもなかなか頑張ったなと思う。
まさか40歳までデザイナーやってられるとは思わなかったし。

読むべき本や読みたい本がなくなっても、少しでもひっかかるものがあれば
とにかく読むことにしていたので、歳をとってもなんとなく読書の幅が広がっているのも、ありがたい。
でも相変わらずフィクションは苦手。

●13歳からのアート思考 末永幸歩
●ハウ・トゥ・アートシンキング
はコンサルの先生に読んで見たらいいよと勧められたもの。

上の方の本はあまりピンと来なかったけど、それは自分にとってあまりに普通のことだったからかもしれない。想像力を育んでくれた母に感謝。子どもの時に貧乏だったので、遊びは想像力が必須だったのかも。

下の本は、おもしろかった。かなり何度も読んだ。
この思考は言語化できるんだ!という感じが多くて、頭がすっきりした。

デザイン思考ではもやもやしていたことが、アート思考では納得できた。
あと、なぜ私のコレが売れているのか?も当てはまることが多くて、なるほど。と

でもアートといっても感情的なものじゃないので、この言葉はモヤる。
ロジカルでも、デザインでも、なくアートだったのか。
この本は入門書としては、かなりわかりやすいのでは。

●世界は贈与でできている
●未来をつくる言葉わかりあえなさをつなぐために ドミニクチェン

この2冊は逆に先生に教えてあげたら、即購入していた。
贈与論は2年前に先生にレクチャーされた、贈り物についての考えをさらに深く追求するのに良かった。と話したら、そりゃそうだ、贈与論の話をしてたんだから。と言われた。わかりやすく、贈り物としていたんだそうな。
そうね、素人の集まりだもの。

でもって贈与論は割と数年ごとにベストセラーが出てくるのだそうな。
シャーロックホームズなんかは最近のトレンドみたい。
そういう読み方はしてなかったから面白かったけど。本では時代的な事をからめてなかったのでやや残念。

「自由な社会」の正体
ひとりでも生きていけるというのは、とてもよいことのように思えます。
「誰にも依存せずに、きちんとひとりで生きていける人」、それが大人の条件だ、と言われたら、たしかにそうだ、と納得しそうになります。
ですが、
誰にも迷惑をかけない社会とは、定義上、自分の存在が誰からも必要とされない社会です。

P55

ボランティアのコスパが悪い
自分の行為がどれくらい人の役に立っているのかが認識しにくい

これは東大のオープンキャンパスで基礎研究をしている人を思い出した。
想像力を使わない、しくみを知らない。知ろうとしない
目の前のことにしか興味がない。という性格の人のことであって若者と定義してしまうのはどうなんだろうと思った。
確かにそういう人はどの年齢にも一定数いるけど、最近多くなってきているんだろうか?
P64

今、もくじを見てもすぐ読みたくなるような面白い本なんだけど、何かが違う。
それは贈与なのか?もっと人間の根元に持っている何かなんじゃないか?と私の中の中ではもやもやしている。
確かにそうなんだけど、いいたいこともわかるんだけど、何かが...と考えだすと
なぜ生まれてきたのか?に行き着いてしまう。
なぜ?一人ではなく多様な価値観を持つ人間の中で生きているのか、
それは何をするためなのか?
生きる解決する本ではなく、社会を円滑に回す本なのでこれでいいんだろうか。


●未来をつくる言葉わかりあえなさをつなぐために ドミニクチェン
これは....自分の頭の悪さを久しぶりに痛感する本
しかし、環世界って最近、本当によく聞く概念だな
数年前は全く聞かなかった気がする。

難しい。これ哲学書じゃないの?後半は数学者の名前が羅列されてるから違うのか
でもリグレットを作った人だったので、考え方はすごく好きだ。
なるほど、考えをアプリケーションに落とすというのはそういうことか、というのがおぼろげながら体験できて、面白かった。けど
圧倒的に知識がたりてないから、辛くて再読できてない。
これ、映像の方がいいと思う。


ダメ方面も書いておく

パウロ・コエーリョの
アルケミストとヴァルキリーを夏の終わりに読んだのだけど
私とは徹底的に合わなかった。
特にヴァルキリーは、かなり辛くて半月かかって読んだのに体調が悪くなった。


その前にモモを読んでいて、面白かっただけに落差が...
ベストセラーでもダメなものはダメなんだな。
誰かの解説を読んでいた方が、楽しい。

スピリチュアル系は、もう何十年も読まないように気をつけていたのは
合わないものは本であっても体に来るから。
フィクションはこれがあるからこわい。


2020/09/11(Fri)

今の会社ではとにかく責任が来ないようにとダラダラ仕事していたのですが
さすがに2年目はクビになっちゃうかも!と少しやる気を出したのですが
うっかり大型案件に巻き込まれてしまい、それパートがやっていいんか....という内容の仕事や打ち合わせがあって、人がいないから仕方がない。
 
大型なのにクライアントの手際が悪くて、ものすごくやり直しが多く
さらにみんな在宅になっているので確認作業も遅くて、そうなると納期が押してきて....とまあめちゃくちゃなんですが、この会社入ってはじめて残業で5万位もらったよ....そりゃ働いてるわけだ、肩も壊れるわ

で、忙しいと言い訳をしつつ、やっちまったことも多くて
この人使えないのでは?いや、手が早いから使えてるのか?と疑念を持たれてきてて(バッチリ感じてます。)のやっちまった3mm間違ってたよ!!!の版下を作ってしまい、たまたま社員の上司が休みでしたので、メールで怒鳴られ(笑)
久しぶりに、竦みましたわ!
翌日、上司が謝ってくれたのですが、あの電話受けたら3ヶ月は落ち込むよ。と言われましたがメールでも十分でしたよ....

忙しい、会社のMac予約して使ってるのに席を外したら、社員さんが問答無用で使ってて、ファイル開いてるのに!!!慌ててよそのMacに移ったらイラレのバージョンが違ってたとか、まあ重なったんですが、確認ミスですわ。
(あとその日上司がみんなでご飯に行きたくて急がせてきたのは内緒だ)


落ち込むよ、何年この仕事やってんだよ!とか
もうバージョンアップについていけてない自分がいて勉強不足も感じる
そして、いつまでこの仕事やるんだろとか。
センスがないのはわかってるので、
今はオペレーターぽい仕事を回してもらってるけど

いつまでやれるかなあ

いやいや、もう少しがんばらないとなあ。
次の10年何をやっていくか、なかなか見つからないんだよね

今のことに忙殺されててさ


2020/09/06(Sun)

あまり、痛いとか、吐き気があるとか
最近は記録に残さないようにしているんだけど、
(昔はアホみたいに書いてて、365日350日はどこかが痛いと日勤書いてたな...)

さすがにキツイ。
在宅になってから右手の腱鞘炎が悪化して、でも仕事がアホみたいにいそがしくて休める暇がなくてだましだましやってきたのが、連日の制作により左肩と手首もどうも炎症おこしてるね。書き始めるとあっちもこっちもとなってキリがないけど。

ミシンは左肩と手首を痛めます。常に布を引っ張ってるから、右手は後退させるボタンでやられる。日に何百回と押すから、膝で押すやり方もあるけど、机を書い直さないと安定しないからなあ。あと、右足と尻が痛くなります。(フットコントローラー踏むから)まさか1日12時間以上ミシンを稼働させる日々が来るとはなあ。

でも一番シンドイのは手縫いだ!!
あと、住所書き!!

指の関節全てが痛いし、気がつくと歯を食いしばってしまうので、顎と歯が...エンドレス
寝るときとかあまりにあちこち痛くて練れないわ。


しかも、コンサルの先生にいいカモにされていると思うんだけど
12月の企画展に誘われて3年スルーしてたのに、集客できてないからか
執拗(いや、上手に褒めてました)にさそわれ、即入金させられました。
金を出すのはいいんだよ、先生好きだから貢ぐのは!
でも、商品が作れないだよ。
10月から毎月イベント....
SNSで告知すれば、行きますって言われ...プレッシャーで吐きそう。

仕事柄、納期を守らないヤツは生きるに値しないなので
もう、本当ツライ10月の企画展、ア写9月末までによこせって...
新作なんかできてるわけないじゃん!!ギリギリだよ
DF11月の搬入予約と、備品レンタルもすぐ始まるからイベントの設置方法考えないといけないし(今までは会社で仕事中や電車で考えてた)予約しないと!!
横浜10月のイベントはもう面倒だからホテルとっちゃう?いやいや在庫ないんだけど?何をどんだけ作るのか考えて資材の数調べて発注しないとなんだけど、通販も止められないから、先週の発送の準備しながら、次回の通販の制作しないといけないわけで...

まあ、なんだろ、とりあえず、10月の企画展の新作のメドついたら
一気に在庫作っていって12月の新作(型紙からの企画展用の新作)を11月にやるかな。通販は月1でもやりたい。地方の人増えてきてるし冬はメインシーズンだから、露出させておかないと。

ああ、しんどいなあ。


整体とかマッサージとか....いきたい。




2020/09/02(Wed)

仕事でエクセルの表をいじっていて、
過去にエクセルで苦い思いをしてきたのを思い出した。

大昔の地方都市ではクリエイター専門の派遣会社というものがなくて
(オペレーターがギリって感じだった)
超氷河期の、何十社面接して履歴書も何十枚書いたのやらみたいな時代に
派遣会社いいよ。とオペレーター職の人に言われ登録に行ったら、
適正検査でほぼはじめましてのウィンドウズ機で
テストもエクセルとワードの事務テスト、キーボードが打てなくて
あの半角は?日本語にするには?小さいツが出したいです。と
担当の人に聞きまくり、もう登録止めたいな。と思いつつ
1分間で何文字打てるかテストで失笑され、
もう一度真剣にやりますか?と言われ、もういいですぅ。と
帰宅したあの時。

事務職につこうなんて思った私がバカでした。
(事務職をバカにしているんじゃない)
仕事(金)が欲しすぎて、目標を簡単に変えた自分がいけなかったのだ。
だってそっちの、勉強してないんだもん。

ずっと誰でもできることをやってもだめだ、私にしかできないことをしよう。
それでキャリアを築いていこうと思っていたので、まああ仕方ないよね。

誰もが知ってる基本的なことで抜きん出るのは私には難しい。
だから、茨の道(職がない、ブラック会社多い)であろうとも
それで少しでも長く仕事が続けられるようにと決めていたのだ。

商業高校だったので、マナー授業やワープロ授業はあったんだけど
エクセルはなかったなあ。ソロバンの時代だし...
パソコンもウィンドウズか?あれなんだったんだろ。みたいな。
中途半端にかじりつつ、無理だ.....と思い知ったので
この先は、違う道を選ぼうと思ったような?

しかし、何十年もの間エクセルにはいじめられます
先輩に、何度教えてもコイツは....と無言の圧力をかけられたものです。
でも、私はイラレでデザイン組むから、おまえがやればいいじゃん。
という状況が多くて、どうも身が入らなかったのよね。
年に1.2回しか使わないとか。

今いる会社は、完全文系なのですが
工場から来る表には時々関数が入ってます。
しかし、こっちのオフィスでたいていぶっ壊して動かなくなります。(笑)
そして、表組みは美しく組むのがあたりまえなので
エクセル使わねーイラレで組む!!という最高の環境です。

ああ、本当美大の人最高
この会社に来た時、ああ言葉が言葉が通じるし、わかる...と
感動しました。コミケを知った時の感動に似ている。
同じOSを持った人たちがいっぱいいるので、言いたいことが
すぐに伝わるのが楽すぎる。

なんなんだろう。この感覚。
男女の差でもなく、年齢の差でもなく。
ものを作ることが好きな、息をするように考えることがあたりまえの人たち
アイディアを出さずにはいられない人たち....

アート思考の本を読んで少し言語化できた気がします。


ハウ・トゥ アートシンキング 若宮和男
本質的な敬意を相手に持つなら、まず「自分」だけの価値を最大化することが大事です。そしてその上で初めて、相手にその価値を十分届けるにはどうするか、を考えたほうがいい。

「自分」を研ぎ澄まし、他にはない「自分」がみえると、実はすごく楽になります。

コンサルの先生に毎月、丸裸にされ言挙げをさせられつづけ半年、
あなたは生き方がアート・シンキングなのよ。と別れ際に言われ
ああーなるほどと、ひさしぶりに腑に落ちました。
先生は、私のことを変わっているとは言わないし(もっと変な人だらけだから)
やってきたことを、批判も肯定もしない。
ただ、今やってることだけで判断をするので、自分の過去のことを
客観的に話すのが楽。

常に「私」はどうしたいのかを、それなりに熟考して
進んで来たつもり。
それでも、あまりに仕事が見つからず(バブルとリーマンね)
エクセルを覚えて事務職につこうと2回折れかけたけど、
まだそこにいくのは早い!と社内営業してなんとかデザイナーで踏ん張った

それが正解かはわからないけど。
まあなんとか、やれてます。

事務職についてたら、違った人生にはなっていただろうな
あの時、エクセルができなくて流した悔し涙、忘れない。
Macもアドビも大嫌いだけどね


2020/08/20(Thu)

ここまでやっても、まだ足りないと誰かに言われている気がする。
まだ信頼に値しない人間だと

ぐぬぬぬ。

会社でも、仕事でも、家族にも、親しい友達にも
心を開いて、開いて開きまくってるのに
まだ足りないと、時々啓示のように言われる。

信頼されないがつらいんじゃなくて
まだ隠していることが自分の中にあると言われていることに驚く

15年、自分の心をほじくり返して名前をつけたくない感情に
無理やり名前をつけて固定させ、違っていれば何十何百回でも改定させ修正させ
これが本当の私を探してきて、
潔癖な私が家の中に人を入れ、素人の作ったものを食べ
どうでもいい話を会社で毎日聞き、いい加減な人といい加減に話し
人に尽きすぎないように調整し距離を取り
考えたくもない金のことを考え、したくもない買い物をし(仕入れね)
連絡を全くしてこない友人知人に、連絡を、段取りをつけて
気を使いながらも溜めないようにしてきましたよ


でも、まだ全然、信頼するに値する人間じゃなく
己を知っていないんだと思わされるわけで、
落ち込むことはないけど、生きるって難しいんだな。と思うのでした。


2020/08/17(Mon)

[] メモ

メモ。

この間のカウンセリングで、先生にアート思考の本を読むといいと言われ
そのあと、この仕事を続けている本当の意味を話したら

ほら、アート思考じゃない。
あなたは生き方がアート思考なのよ。と言われ

すごくびっくりしたし、だからか!と腑に落ちた。
興味のあることを、続けて行くと、急に全てが繋がるっていうのが
何度もあって、みんなになぜそれをやるのか?と聞かれても
未来で必要になるとしか言えないんだよね。
でも正直、未来というより過去へ過去へと生きている気分なんだけど
だって、ああここに繋がっていたのか...って郷愁を覚えるから

こういうのは話してもなかなか伝わらないよなーと思っていたら
普通に本になっていてびっくり。


あなたの仕事に対する姿勢が自分と違いすぎるから
仕事としてあなたをサポートすることはできない。と古い友人に言われて
まあそれは、技術を身につけるためには、給料は二の次とか全人生をかける。
みたいな生き方をしなくてもいい人から見たら、異様なんだと思う。

趣味を趣味として終わらせたり、自分は素人だから。と言い切れる人が羨ましい。

(でも素人のくせに(たいした技術もたいのに)金をもらって平気な人は軽蔑する
どんなにささいなことでも仕事として受けたなら、笑ってごまかすのはありえないな。何も言わすに無表情でもう仕事頼むことはないなと思うだけだけど)


みんな、やるべきコトを持っているのだから
やり方が違ってるのは当たり前で
別に無理やり、仕事一緒にやってくれ!!手伝ってくれ!友達だろ。とは言わないけどね。

いつも斜に構えて、上から見てるみたいなのは
私には無理だなあ。


2020/07/05(Sun)

コロナがあっという間に世界に広がって
ちょっとヤバくね?となった時一番に思ったのが
これか、これが意識改革が起こるってアレか...。でした。
別に絶望でも、興奮でもなく、そうなのか?と
ただただ思った。でもまあ、ちょっと興奮したかな。

意識が自己中心的な人、意識が自然の法則から外れている人は
生きづらくなる。

そんな世界はどうやって来るんだろう。
またキリストみたいな人が出て来るのか。と思っていたら
予想だにしなかったウィルスの出現という....
ビックリだなあ。

なのでコロナ前に一生懸命に戻ろうとする人を見ると不思議な感じがする。


まさか
会社に席がなくなっても仕事が進む世界が来るとは思ってもいなかった。
もともとフリーで仕事を受けていたから、別になにも困らなかった。
さらに副業してたから、空いた時間にいろいろできてむしろ便利。
つか、出社してたとき、このヒマな時間に伝票処理したいな。とか
思ってたことができて。おお、願いが叶った!とこれまた嬉しい驚き。

でかい会社に転職しといて良かった。
田舎に引っ越しといて良かった。部屋が多くて良かった。
本当ラッキーだ。ありがたい。

ただ、コロナでもアホみたいに仕事が忙しくて
週に2日は出社してる。
頑張って仕事しよう....


2020/07/03(Fri)
image_5f9d9717a40b5

コロナで在宅勤務になり夜の時間が増えたので、妙に本が読みたくなり
今まであまり読んでいなかったフィクションなんかを中古で買い漁って読んでたりしてましたが、良かったと思った本はこちら。

稲葉剛:ぬえの鳴く夜を正しく恐れるために(コロナ寄付)
森川すいめい:
その島のひとたちは、ひとの話をきかない-精神科医「自殺希少地域」を行く
梨木香歩:西の魔女が死んだ
浅葉 なつ:カカノムモノ


本棚の整理をしているのに本を買う矛盾。
でも何か自分に足りないものを仕入れていかないとと焦りがあった
梅雨の前の夜でした。

いつもは手を出さないラノベものも何冊か読んだけど、
読後感が満足できなくて、またかな?と読んだカカノムモノが全然予期せぬ展開。設定がそれほど重くなく、それでいてファンタジーにもならない微妙なバランス感で書かれていて面白く、出版されたばかりのラストの3巻を届くのがもどかしかったです。 


森川すいめいさんは、TLで時々名前が流れてきていて気になっていたのですが、テレビで拝見して、不思議な経歴に1冊読んでみようかと。
面白かったです。最近の視聴者の感情を安易に揺さぶろうとするテレビに辟易していたので、淡々と語られる内容にむしろ胸が熱くなります。ご本人も、興味はあるけど決してテンションが高いわけではないというあたりも、なんだかほほえましい感じで共感できます。

稲葉剛さんはコロナの前あたりからTLをフォローしていて、なんだか知ってる言葉が多いなあと思ったらビッグイシューの共同代表の方でした。
離れても、なぜかここに戻ってしまうんだな。と
ホームレスの本は時が流れても、同じ内容が多いのですが
それはなかなか一般の人にホームレスの実情が浸透してないからなんだろうな。
1冊。読んでもらえれば意識が変わるんじゃないかなあ。

ビックイシューの販売の人と毎日話した
あの日々はあるから、今生きていけているし、今間違ってないと思えてる。
微力ながら恩返しをしたいと思ってビッグイシューの通販を申し込んでいます。

みないふりは簡単だけど、つらいこと。なぜだろう。


2020/05/15(Fri)

次の会社にパートで入社したのが2018の4月頃かな。
初の上場企業です。TVCFやラジオ番組持ってたりする会社ははじめて。

販促ではなく、企画の方で入りました。
入社の時にパートなのに4人も上役が並んでてビビリましたが
ぜっっっっったい正社員にはなれないから、それでもいいの?と
面接の1時間のうちに4回も言われたので
あ。ココも長くいないかもなとふっきれました。
副業確認もこの時点でしてる。

別に社員になりたくはないけど、時給だと暮らしが厳しいのですよ。
時給上げてくれればそれでいいんだけどな。

と、まあ最低限の仕事以外はやる気がない不良パートとして
ダラダラ仕事してたりしてなかったりの2年です。
まあボーナスぐらいは自分で稼がないとねとさらに副業に勤しんでいきます。
同居人も6月に新居を構えて引っ越していきました。
4月に出した新商品が受けて今はすっかり主力商品です。
9月の委託販売の合同展の参加も2回目になり、
すっかりコンサルの先生と仲良くなりました。
12月のクリスマス展にも参加しました。
税理士の話も聴きに行き(有料)

2019年は副業さらにがんばります。
特に後半は札幌、東京、横浜、京都。東京と毎週イベント参加もあり。
年間通して通販もやりました。コンビニの人にサイズ80の人と言われるほどに
開業届も出しましたが出すのが遅く来年からの対応に
しかも個人事業主になりるのかは運任せ。
でもおかげで売り上げは昨対倍に。
昼のフルタイムの仕事に加えて
個人ででタウン誌のデザインも時々引き受けているので
イラレとフォトショの契約しました。
経費で落とすのに躊躇してたけど、デザイン業務やるなら心置きなく。
フルタイムの仕事の方は全然仕事量がないので
むちゃくちゃヒマで日がな一日ネット見ていることも多いです。
昔はそんなの耐えられないと会社やめていたけど
今は副業の方が忙しいので休憩時間くらいに思ってて平気。
そもそも組織で働くの向いてないと20年ぶりに再度思い直しました。

年末、中国でどうもヤバイものが流行ってて商品の入荷遅れそうと
チラホラ入ってきてて、旧正月(2月)の明けは通常でも混乱するのに、
どうなるんだろうと会社で話していたら、あれよと言うまに世界中に蔓延。

2020年
1月に友達と一般参加でイベント偵察してたのが
2月はどんどん中止が決まってきて、私はこの時5月末までは覚悟しようと
ネット販売にシフトしてイベント用の在庫を全部ネットに出して行きました。
資材も中国で製造してそうなものは発注済ませました
(まさか手芸屋がパンクするとは思わなかったけど)
月末に取材立合が病院であり、もうこの時点ではみんなマスク。
この後スケジュールめちゃくちゃ。
3月はネット、ツイッターに人が流れてきているのが感じられたので
毎週ネット販売するも即完売が続く。
緊急なんとか宣言で会社もいよいよヤバイと
テレワークを本格指導させてくれて会社Mac発送。
4月から自宅勤務がはじまっての5月です。



655 件中 1 - 10 件目 << 最初 < 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 次 > 最後 >>